戸田沖で獲れるタカアシガニを味わう!

西伊豆の戸田沖を中心に水深300メートルの海底に棲んでいるタカアシガニは、ぜひ味わいたいカニです。 タカアシガニは足を広げると3メートル以上にもなり、世界最大のカニとしても有名です。獲れる時期は9月中旬~5月中旬ですが、今ではいけすなどで保管されており年間を通して味わうことができるようになりました。 タカアシガニを丸ごと一杯を蒸しあげた豪快なメニューをはじめ、タカアシガニを使った天丼や釜飯定食などを味わうことができます。タカアシガニの味噌はとても濃厚な味で、身の部分はほんのり甘さを感じる味わいです。蒸したカニの身がたくさん乗った海鮮丼もおすすめです。 西伊豆の戸田や土肥を旅行する際には、地元で獲れたタカアシガニの料理を堪能するのがおすすめです。

昔から地元で有名な深海魚を味わう!

沼津市戸田の周辺には深海魚を味わえるお店がいくつかあります。 駿河湾は日本一、深い湾になっています。富士山の湧水が注ぎ込み、ミネラルが豊富な漁域でもあります。 昔からタカアシガニを獲る底引き網に深海魚が多くかかるので、地元では深海魚を昔から食べる習慣がありました。深海魚には、メヒカリやユメカサゴ、メギスなどの淡白な白身魚が多くどんな料理にしても合います。観光客にも、その新鮮な深海魚を使った料理は人気があります。 戸田で味わう深海魚刺身定食や深海魚寿司は名前もユニークです。深海魚はその日に水揚げされたものを使うので、どの魚を味わえるかワクワクします。ほかにも深海天丼や深海煮魚定食などメニューも豊富に揃います。 獲れたての初めて味わう深海魚料理に、西伊豆の日帰り温泉などを楽しめば最高の思い出になります。