最近は様々な種類のバスがある

旅行するときにバスを利用する人が多いですが、500キロ以上の長距離を走るバスは決して少なくありません。日本列島の大動脈として知られている東京と大阪を結ぶバスはたくさんありますが、一昔前まで安いバスが多く走っていました。これは世の中の景気によって変わってきますが、現在のように不景気になると旅行するときに安いバスに乗りたがる人が増えてきます。そのため、1時期は片道1万円ぐらいだった料金が、格安バスが出てきたことで全体的に料金が下がってきました。格安バスは、片道で4500円程度で行けてしまうのでかなり安いことがわかるでしょう。ちなみに、新幹線で指定席を使って片道利用する場合は1万3千円になりますので、その価格の違いは驚くほどです。 ですが、逆に最近は料金の高いバスが出てきました。

高いバスがいいのか安いバスがいいのか

安いバスで旅行したいという人が多くいますが、基本的に観光が目的になる人も多いですので、観光にお金を使ってしまい、できるだけ移動は安く済ませたいと思っているのです。その一方で、旅の移動はできるだけ豪華に移動したいという人も出てきています。そこで、片道で2万円知覚するバスも少なくありません。基本的に、快適性が違うだけで乗車時間はそれほど違いません。快適性の違いはかなり明確になっています。4000円程度のバスであれば、4列シートになつており、よほどられていないと夜眠るのも大変になります。一方で、豪華バスはそれぞれ一人個室が与えられており、その中でその中で自由に過ごすことができます。もちろん人の目も気にしなくて済むため、いびきをかいてしまう人などはうれしいでしょう。